泉北高速鉄道が3券種対応改札機を導入

大阪府に1路線6駅を持つ泉北高速鉄道が、 VISAタッチ決済、QRコード決済、ICカード決済の、 3券種に対応した改札機を全駅に導入しました。 3券種対応は日本初 タッチ決済、QRコード決済、ICカード決済の 3つともに対応した改札機は日本初です。 実証実験ではなく本運用 全国の鉄道事業者がタッチ決済乗車の実証実験を行っていますが、 泉北高速鉄道の3券種対応改札機は、実証実験ではなく本運用です。 タッチ決済はVISAのみ タッチ決済の対象となるクレジットカードブランドは、現状ではVISAのみです。 今後、他のブランドにも展開することを期待します。 QRコード決済は「高野山デジタルきっぷ」のみ QRコード決済で利用できるのは、現状「高野山デジタルきっぷ」のみとなっています。 PayPayやd払いなどの、汎用的なQRコード決済に対応することを期待します。 タッチ決済とICカード決済の共通化 どちらもICチップを読み取ることで利用する、タッチ決済とICカード決済。 この改札機では読み取るところが分かれています。 なんとか一本化できなかったのかなぁ、と思います。 飲食店等で、タッチ決済とICカード決済の両方に対応した端末を見るので、 技術的には一本化が可能ではないかと思われます。 一本化して、もっとシンプルな機械にすれば、なお良かったと思います。…

続きを読む